© Tech Direction Awards 2024

MESSAGE

近年、世の中で使われるシステムは日に日に複雑化しています。
それに伴い、デジタル技術を利用したさまざまなプロジェクトにおいて
テクニカルディレクションの必要性が高まっているものの、まだまだ世の中に浸透していない状況です。

事業やアイデアなど『実現したいコト・モノ』から『必要なテクノロジー』を逆引きするスキルを、
我々はテクニカルディレクションと呼んでいます。
実現の難易度が高かったり、ゴールが明確でなかったり、不確定要素が多いプロジェクトほど
『何を作るか』という企画と『どうやって作るか』の設計をセットで考え、
相互作用しながら組み立てていくことが重要です。

テクニカルディレクションは技術を使う仕事の周辺に必ず存在します。
テクニカルディレクターという専門職の人材が配置されている場合もあれば、
CTO、テックリード、エンジニアチームのマネージャーなどが
その業務を遂行している場合も多く見られます。

さまざまなプロジェクトに適切なタイミングでテクニカルディレクターが参画することで、
プロジェクトの価値を最大化できることを多くの方に知ってもらいたい。

そのためのアクションとして、アイデアや表現だけでなく、
それらを実現するためのテクニカルディレクションが優れているプロジェクトを表彰し、
普段スポットライトの当たりづらい
"テクニカルディレクションの重要性"を伝えることを目的として2023年に発足しました。

  • Presented byTech Director’s Association
  • Call for entriesDate: 2024.01.31 - 05.17
  • Presented byTech Director’s Association
  • Call for entriesDate: 2024.01.31 - 05.17

CALL FOR ENTRIES

第1回
テクニカルディレクションアワード
作品募集

募集期間:2024年1月31日(水) 〜 5月17日(金)

応募要項・エントリーフォームはこちら[PDF]

Application Guidelines and Form[PDF]

※作品募集は終了しました

Digital Productデジタルプロダクト部門

デジタル技術を利用したハードウェアプロダクトの中で、優れたテクニカルディレクションが行われていると考えられるプロジェクトを表彰する。一般に展示/公開された作品であれば、製品化していなくとも審査対象とする。

Digital Serviceデジタルサービス部門

デジタル技術を利用した、一般ユーザーに広く提供されているサービスの中で優れたテクニカルディレクションが行われていると考えられるプロジェクトを表彰する。オンスクリーン/オフスクリーンは問わないが、何らかの形でバックエンドシステムと連携しているものを対象とする。一般に公開されていないプロトタイプは含まないが、一般利用が可能なα版・β版は審査対象とする。

Digital Experienceデジタルエクスペリエンス部門

デジタル技術を利用した展示物・エンターテインメント公演・メディアアート作品・映像作品の中で優れたテクニカルディレクションが行われていると考えられるプロジェクトを表彰する。一般に展示/公開された作品であれば、プロトタイプも審査対象とする。

Website / Appウェブサイト・アプリ部門

ウェブサイトやスマートフォン向けのアプリの中で、優れたテクニカルディレクションが行われていると考えられるプロジェクトを表彰する。一般に公開されていないプロトタイプは含まないが、一般利用が可能なα版・β版は審査対象とする。

R&D / PrototypeR&D・プロトタイプ部門

デジタル技術を利用した、R&Dのデモンストレーションコンテンツやプロトタイプの中で、優れたテクニカルディレクションが行われていると考えられるプロジェクトを表彰する。

Special Prize特別賞

上記5つの部門とは別に、優れたテクニカルディレクションを行っているチームまたはプロジェクトを表彰する。

TROPHY

受賞者には
NFTトロフィーを贈呈いたします

副賞

  • 表彰式のご案内
  • 受賞作品展示イベントへのご参加
  • メディアへの露出

Judges審査員

Takuto Onishi

ソニーグループ株式会社 コーポレートテクノロジー戦略部門 コンテンツ技術&アライアンスグループ シニアテクニカルディレクター

Atsuko Okada

株式会社ファブリカ プロデューサー

Yasuhiro Ogino

株式会社コネル テクニカルディレクター
株式会社知財図鑑 知財ハンター

Naomi Kuga

株式会社 博展 テクニカルディレクター

Yuichi Kon

note株式会社 CTO

Daiki Nishihama

株式会社 博報堂 テクニカルディレクター

Kampei Baba

株式会社バスキュール クリエイティブディレクター

Toyoshi Morioka

ベースドラム株式会社 テクニカルディレクター
一般社団法人テクニカルディレクターズアソシエーション 発起人

Sponsors協賛

ゴールドスポンサー

株式会社電通
株式会社乃村工藝社
WOW

シルバースポンサー

株式会社コネル
ソニーグループ株式会社
株式会社 ソフトディバイス
株式会社たきコーポレーション
丹青社
disguise Japan合同会社
日本テレビホールディングス株式会社
株式会社PARTY
PARADE DESIGN FIRM
株式会社モンタージュ

特別協賛

株式会社アートブレーンカンパニー
合同会社 暗号屋
渋谷あそびば製作委員会
TOKYO NODE LAB
株式会社 博展
バスキュール株式会社
株式会社ファブリカ
ベースドラム株式会社

メディアパートナー

WebDesigning
知財図鑑

※五十音順

Organizer主催

TDA